2017.12 紀伊半島温泉旅<前編> 十津川温泉・川湯温泉経由で白浜へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先月立ち上げた「車中泊のクルマ旅」の別版サイト「車中泊で温泉旅」の取材を兼ね、2泊3日で南紀白浜温泉へとやってきた。現在このブログを書いているのは、写真のホテルの駐車場。

ではなく、最上階の一室(笑)。今回は息子がプレゼントしてくれたギフト旅行券を使って、1泊は「白浜 古賀の井リゾート&スパ」に泊まったのだが、せっかくの機会ということで、車中泊で味わう贅沢とホテルライフのリアルな比較を体験することにした。

初日は奈良県の五條市に出て、そこから国道168号で十津川温泉を目指した。

冒頭で少しふれたが、先月からスタートした「車中泊で温泉旅」は、地元近畿の有名な温泉地から書き始めており、11月には南紀勝浦温泉と熊野本宮温泉郷に一度足を運んでいる。今回はその時の積み残しと、奈良県と和歌山県の境にある十津川温泉を再取材し、それから中辺路ルートで白浜に向かう予定だ。

十津川では既に雪が積もりかけていた。

今年は冬将軍の到来が早く、「酷道」の異名をもつ国道168号で、凍結まで食らったのではたまらない。そのため少し遠回りにはなるが、もう少し道の良い169号を使うか、出発直前まで悩んだ。

だが白浜まで足を延ばすには、少しでも距離は短い方がいいし、ネットで調べたところ「通行止め」はないようなので、思い切って勝負にでることに。ただし念のため、気温が上がり始める朝7時半に自宅を出て、昼前に十津川温泉に到着した。おかげで「凍結による怖い思い」は回避できた。

しかし、11月の連続台風で新たな山崩れが発生している十津川周辺では、道路復旧工事が多発しており、写真のような交互通行でスピードは上がらず、細い旧道では土砂を運ぶ大型トラックとの対抗でヒヤヒヤ・ドキドキの連続。

というわけで、その緊張をほぐすため、十津川温泉で一風呂浴びることにした。

今回入湯したのは、十津川温泉にある公衆浴場のひとつ「憩の湯」。十津川温泉には3つの公衆浴場があるが、「庵の湯」と「滝の湯」は既に入湯済で、ここだけを積み残していた。

道の駅「十津川郷」がある、温泉地(とうせんじ)温泉と十津川温泉には「源泉かけ流しのおゆば」が多く、「温泉通」には人気がある。それもあって、できれば近いうちにホームページにまとめて掲載したいと思っている。

次に立ち寄ったのは、「道の駅奥熊野ほんぐう」。実はこの道の駅は「熊野本宮温泉郷」のページを立ち上げた時に取り上げたかったのだが、「車中泊ができるのかどうか」が今ひとつ分からなかったため、今回確実に再取材をしてからにすることにしていた。その結論は、既にこちらにアップした。

車中泊はできるの?できないの? 「道の駅 奥熊野古道ほんぐう」 

さて。「喉に引っかかっていた魚の小骨」を抜き、今度は「川湯温泉」の「仙人風呂」へ向かった。ここは過去にナットクのいく写真が撮れていなかったこともあって再撮に来たのだが、昼間はどうやってもプールにしか見えない(笑)。

水着は用意していたが、日が陰って寒くなってきたため入湯は諦め、ここから一軒の「宿」に電話を入れることにした。

それは南紀勝浦温泉にある「越之湯」。ここは名湯と云われながら、長きにわたって「日帰り入浴」を拒んできた「いわくつきの宿」である。湯快リゾートに買収された後も、しばらくはその姿勢を守っていたが、昨年ついに方向転換。「湯めぐり手形」は使えないが、500円というリーズナブルな値段で利用できることになっていた。

通常、日帰りで温泉宿のおゆばに行く際には、事前に「その日は本当に日帰り入浴ができるかどうか」を確認するのが常識だ。旅館は宿泊客を優先するため、貸し切りや満室時は、「臨時で日帰り入浴を断る」ことがある。

だが、驚いたことに「越之湯」の電話番号は、ガイドブックにもホームページにも、湯快リゾートの予約センターしか記されていない。

「1分あれば要件が済む話であるにもかかわらず、物理的に敵わない」というのは、想像以上にイライラが募る(笑)。ちなみに、同じ温泉宿チェーンを展開する大江戸温泉物語は、きちんと個別の宿に電話ができるのに…だ。

「温泉宿の勝手な事情に譲歩するお客様」にすら、まともに対応もできない経営姿勢を感じた筆者は、すっかり興冷めして、勝浦行きをとりやめ、中辺路を走って1日早く白浜温泉に行くことにした。川湯温泉から勝浦を経由して行くには、時間もガソリンも余分にかかる。筆者はそこまでお人好しじゃない(笑)。

さて。白浜温泉での一番の「用事」は、2015年にできたこの新しい道の駅の取材である。実は昨年の11月にも取材の途中で白浜温泉に立ち寄っており、その存在は知っていたのだが、先を急いでいたためスルーしていた。ここも既に詳細をブログにアップしている。

南紀白浜温泉にいちばん近くて新しい、道の駅 くちくまの

それから夕食の材料を仕入れに、とれとれ市場へ。クエの話は既に「南紀白浜温泉」のページに詳しく記載しており、特に再取材の必要はなかったのだが、白浜に来てクエを食べないとなると、筆者は「損をした気分」になる(笑)。

翌日はホテルの会席料理を予約しているが、もちろんクエは出てこない。ホテルで食べれば、一人前2万円近くはとられるであろう「超」高級食材。それがこのクエなのだ。しかし、筆者はそれをリーズナブルに食べる方法をマスターし、既にブログで紹介ている。

南紀白浜でクエ鍋を安く食べる方法

この日は縁あって「予定外の白浜車中泊」になったわけだが、せっかくなので、それを改めて「復習」してみることにした。

購入したのは小さい方のパック。中高年の夫婦なら、これで「腹八分」程度にはなる。

「つきだし」代わりに用意したのは、珍しいガシラの握りと和歌山の銘酒「黒牛」の純米吟醸。やや辛口で和食との相性がいい酒だ。

ちなみにガシラのネタは、厚みも大きさも握りで食べるには大きすぎる(笑)。そこで1つを3枚に切って、半分以上は刺し身で食べた。これで680円は、かなりのコスパだった。

なお、クエ鍋は昆布出汁の「水炊き」が基本。煮えたらポン酢でいただくが、パックに入っているポン酢だけでは足りないので、瓶入りを1本買う方がいい。野菜はクエの旨味が引き立つよう、白菜、大根、しめじなどの味が薄いものをあわせる。

なお、これは今回気付いたことだが、野菜はとれとれ市場でも手に入るが、夫婦で食べるには量が多すぎる。そこで僕らはとれとれ市場に近い「オオクワ」で、クエ以外の具材を揃えた。もちろんその経験をもとに、ブログには修正を加えている。

夕食の材料を手に入れた筆者が次に訪ねたのは「ファミリーマート」。実は白浜ではコンビニでも温泉手形が購入できる。この「南紀白浜 湯めぐり札」は、2014年に筆者が「車中泊温泉コースガイド」を執筆した当時は、旅館宿泊客しか買うことができなかったが、現在は日帰り客にも開放されている。というわけで、実際に使うのは今回が初めてだ。こちらも詳細は以下のページに記載している。

「南紀白浜温泉 湯めぐり札」の魅力と上手な使い方

それに沿って、さっそく白浜の名宿のおゆばに足を運ぶことにしたのだが、ここで思わぬ誤算が。リストアップし、先ほど書いたように確認の電話を入れた結果「ホテル・シーモア」と「むさし」は、耐震工事で利用できないことが判明する。

こういうことがあるから、確認の電話は欠かせない。しかし残った選択肢は、こともあろうか、電話がつながらない「湯快リゾート」だった!(大笑)。

ただ救いは、それがスグ近くだったこと。まあ、ダメなら今日は湯めぐり手形を使わず、そこからスグのところにある、お気に入りの「長生の湯」に行けばいい。共同温泉でも手形は使えるが、温泉に対するこだわりのない家内の場合は、アメニティーやドライヤーが揃った施設のほうが嬉しいようだ。

ノーマルを知らないので、プレミアムがどのくらい素晴らしいのかはわからなかったが(笑)、彩朝楽の温泉の造りは「それなり」。日が暮れれば海の景色は見えないので、あえて庭園風呂があるこのホテルを選んだのだが、特に感動するほどではなかった。ただ、フロントの応対は親切で気持ちが良かった。電話のシステムは、現場ではなく本部のボンクラの仕業だ(笑)。

入浴後は、いつもの駐車場に入り、鍋を囲んで車中泊。いつも通り、満足の行く夜となった。翌日は、2時のチェックインまで、ブログで紹介してきた車中泊地や観光スポットを周り、再取材をしたが、その話は「後編」で。

長くなったので、ここまでを「全編」とさせていただこう。

Next

2017.12 紀伊半島温泉旅<後編> 南紀白浜温泉・追加取材

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする