日本ロマンチック街道

栃木県の宇都宮から、日光、片品村、さらに草津温泉、軽井沢を経由して、長野県の上田にいたる全長およそ350kmの道のりが、日本ロマンチック街道だ。

上信越高原国立公園、日光国立公園を横断する道中には、火山活動で生まれた滝、湖沼、湿原などの造形美と、その麓に栄えた城下町、温泉町、宿場町、門前町が連なる。

ロマンティック街道の由来は、沿線の自然が日本において最もドイツ的自然環境を持っているからだといわれ、30年以上にわたってドイツとの異文化交流を行なっている元草津温泉観光協会長の中沢晁三氏は、当初「ロマンティシェ・ストラーセ」と名づけたそうだ。

時を経て… 

筆者は現代の日本にこの街道が存在する意義は、広大な北関東の地を「モーターカーで、どう回れば面白いか」を示唆しているところにあると思う。

日光・尾瀬・みなかみ温泉・伊香保温泉・四万温泉・草津温泉・軽井沢、そして真田幸村の故郷である信州上田。

1泊2泊の旅であれば、個々単独でも十分に旅先になり得る、いわば北関東エース級の観光地が、県を超え、さらに鉄道ではなく「道路」で結ばれているというのは、全国に例を見ない実に画期的な試みだ。ライダーや車中泊の旅人が求めているのは、まさにこういう「コースガイド」だと思う。

だが、「日本ロマンチック街道」は、言わば深田久弥が書いた「日本百名山」の「クルマ旅版」ひとつにすぎない。

じっくり見れば1週間はかかるであろうこのコースを、初めて旅しようとする人間にとって、本当に必要なのは現実的な「旅情報」だ。

最も分かりやすいのは車中泊スポットだろう。どこで泊まればタイムロスがないのか、あるいは便利なのか、はたまた「タダ」なのか(笑)… 

他にも日帰り温泉、食事処、そして見どころ等々、一週間を費やすクルマ旅は、そういうデータなしに楽しめるほど安易ではない。だからこそ、筆者のような仕事の存在価値がある。

【参考】

奥日光の車中泊事情

スポンサードリンク