雪と桜の高遠/2015春 信州の旅1

3月末の取材旅から帰宅後は、バタバタしながらカーネル次号の執筆を済ませ、6月に発売予定の「信州車中泊コースガイド」の内容固めと、桜の取材の下調べに追われていた。

しかし2週間は「あっ」という間に過ぎ去り、4月に突入。桜前線は思った通り、駆け足どころか「全速力」に近い速さで長野までやってきた。

ゴリラ

出発前にナビを買い替えた。フレンディー時代から愛用してきたサンヨーのゴリラは、さすがに老いて、物忘れが激しくなってきたようだ。こちらはパナソニックになったゴリラ。正直なところ、良い機能が失われた代わりに安くなった…という感じは否めない。

さて。実は先に開花が進む上田城を目指して中央道を走っていたのだが、駒ケ根に入ると景色が一変。「え~雪? ウソでしょ!」と思いつつ、

いや待てよ…これは逆に千載一遇のチャンスかも。
と思い直し、とりあえず伊那で高速を降りて長谷の道の駅へ向かった。

道の駅南アルプスむら長谷

これがあるから、信州ではGWが終わるまでスタッドレスが外せない。

とりあえず、ここで「まれ」を見て(笑)、ミニクロワッサンもちゃんと仕入れて、いざお城へ。

雪の高遠城址

雪の高遠城址

そこには、何年かに一度見られるかどうかという貴重な高遠の景色が待っていた。ただ、湿った雪は2時間ほどで枝から落ちちゃったけどね。しかし寒かった~(笑)。

Next

桜満開の上田城から、名残雪の軽井沢へ/2015春 信州の旅2

スポンサードリンク