車中泊の達人

北海道でロケをした筆者たちのクルマ旅の様子が、昨日(2014年8月1日)の読売テレビ「かんさい情報ネットten!」で放映された。

テレビ取材

企画は「特集・車中泊にリゾート気分!お手軽に進化!最新アウトドア事情」というもので、他には伊勢志摩のオートキャンプ場にあるゴージャスなコテージと、滋賀県でのキャニオニングが組み込まれた構成である。

初山別

そもそも車中泊というのは多面性を持つ宿泊手段で、2.3分の枠内で到底説明できるものではない。

それもあって、今回はテレビ局側の意向に合わすかたちで、淡々と「モデル業」をこなしてきた。ゆえに放映された内容については特に不満はないのだが… 番組で流れた「車中泊の達人」という紹介が気になった。

wiz

ウェブ上では何度も書いているのだが、車中泊は「野営のひとつの手段」であって、「ただクルマの中で寝るだけの行為」にすぎない。

ゆえに難しいことは何一つなく、ましてやフル装備されたキャンピングカーを使えば、買った翌日から誰もが「車中泊の達人」になれる。

ラウンジマール

ひょっとすると車中泊の達人に、「クルマの中で快適に眠るためのテクニック」のようなものを期待しているかもしれないが、車検がきちんと通る方法でのノウハウは既に確立されており、10年以上も前から多くのホームページや雑誌で紹介されている。いまさらそれを「テクニック」と呼ぶこと自体がおこがましいのだ。

つまり、そんな薄っぺらい世界に「達人」が存在するわけはなく、マスコミが無理に仕立てあげようとするから、話がおかしくなる。

150104年賀状

もし筆者が「達人」であるとしたら…
それは「リアル・オートキャンプ」と「クルマ旅」においてでだろう。筆者にとって車中泊はそれに付随するひとつの要素でしかない。

環境や状況に応じて最適といえる食事や滞在方法を選択し、かつ快適さを引き出すことは容易じゃない。まして、数多あるキャンピングギアを知ったうえで、そこそこ使いこなせるようになるには、かなりの投資と時間が必要だ。

キャンプ部屋

筆者は既に20年以上そのことに人生を費やしてきた。経験値を高めるには、キャンプ用品メーカーに勤めるか、そうする以外に方法がないからだ。

キャンプ

例えば、テントやシェルターを張る場所を見れば、その人のキャンプ経験値が分かる。達人レベルにある人は、けして水が流れこむような「低地」を選びはしない。

愛国駅

旅も同じだ。
「るるぶ」や「まっぷる」に出ている観光地には行きたくもないと嘯いてみたところで、いざTVカメラの前に立てば、「行ったことのない人間の発言」に深みがないことはすぐに分かる。

近頃は「でたとこ勝負」みたいな旅番組を見かけるが、旅には「お金」がかかるわけで、庶民の場合はそれが経費ではなく身銭だ。バブルの頃なら話はわかるが、消費税の値上げにあえぐファミリーやシルバー層に、そんなことをするために貴重な遊びの軍資金を使う気持ちの余裕があるとは思えない。

つまりやっているのは、旅を「ネタ」にしたバラエティー番組であって、旅番組とはまったくの別物だと筆者は見ている。

巌流島

過去に旅行誌が、手を変え、品を変えて紹介し続けてきた場所には、それなりの魅力と理由がある。

確かに「独自性」は大切だ。
だが、それがどれだけ素晴らしいのか、あるいは面白いのかを測れる「ものさし」が自分の中になければ、ブログといえどもそれを人に伝えることは難しい。アフィリエイト目的のブロガーの中には、小手先でそれができると勘違いしている人もあるようだが、それは読者を冒涜する行為で、いずれ墓穴を掘るだろう。

また「感性」は重要だ。誰もが見慣れた景色でさえ、感性次第でストーリー性のある違う景色に仕立てられる。

0501ミニバン富良野

たとえば、
今や富良野の代名詞となったファーム富田だが、その最高に美しい景観を見るにはどうすれば良いのか… 

そういうことを考える人が、やがては達人の領域に到達する。加えて、そのファーム富田を「どう紹介するか」… そこに、その人の旅のキャリアが絡んでくるのではあるまいか…

ファーム富田の魅力…

リアル・車中泊のトップページに戻る

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする