賢者の「佐渡」上陸作戦

佐渡には、前々から一度その姿をナマで見ていたい鳥がいた。

だが、佐渡に限らず礼文でも壱岐でもそうなのだが、離島にクルマと一緒に渡るのは、なかなか勇気がいる行為だ。特に佐渡の場合は夫婦でおよそ42,000円… ちなみに新潟~苫小牧東のフェリー料金は、一等でも40,940円だ。

これって、どうよ(笑)。

そこで今回は、佐渡汽船の「日帰りツアー」を利用することにした。行きはジェットホイル、帰りはフェリー、現地では観光バスのガイドと昼食がついて9,780円。
それで主だった見どころを周れるのだから、けして悪い選択ではない。

車中泊の旅でも、場所によってはこういうメニューを取り入れながら楽しむ方が経済的。しかもアタマもカラダも疲れない(笑)。

専門的には、こういう企画を「着地型観光」と呼んでいる。いわゆる都会でメジャーな旅行会社が募集する「発地型観光」とは一線を画した、個人旅行者対象のツアーとして、地方自治体が期待を寄せているというわけだ。すなわち…その分「お得度」は高い。たぶん、補助金も出ているのだろう(笑)。

今日は晴れているので朝から取材に出るため、佐渡観光の詳細をここで書くことはできないが、筆者が一番見たかったトキは、見事に目の前でその元気な姿を見せてくれた。

世俗化しすぎて、全く絵にならない「たらい船」(笑)。しかし、みんなコレに乗るんだよなぁ~。別途料金だけにちょっと信じられない。

もちろん、吉永小百合様が見られたこの景色もパシャッ。ここは「宿根木(しゅくねぎ)」と呼ばれる、江戸時代後期から明治初期にかけて全盛期を迎えた北前船の寄港地として発展した港町で、船大工によって作られた当時の面影を色濃く残す町並みが、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

宿根木

うちのモデル様。
ここまで引きで撮れば、さほど変わらないかも(爆)。

砂金

どうでもよかったが、無料のオプションだったので、砂金採りもやってきた(笑)。ツアーにはこういうものが含まれるのが難点。孫でも連れていれば話は別だが、夫婦で100歳を越える客が喜んでやるものではなさそう。ちなみにどれが砂金か分かるよね?

佐渡の釜飯

セットで出てきた釜飯ランチ。それ相応で合格点だろう。ただし温かさという点には目をつぶる必要がある。筆者も学生時代に修学旅行生の昼弁当を作るアルバイトをしていたので、裏事情が分かるだけに致し方のない話だが…

道の駅新潟ふるさと村

その日の夜は、新潟港に近い「道の駅 新潟ふるさと村」で車中泊。この日はキャンピングカーがかなりいた。翌日の小樽行きフェリーに乗るのだろうか…

スポンサードリンク