失敗しない、凍結道路と雪道の走り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪国に出かけるのならわかるが、南紀や九州のように気候温暖な地域を旅するために、凍結道路や雪道走行の知識だけでなく、スタッドレスタイヤの装着までが本当に必要なのだろうか?

答えはイエス。

雪の降らないところでも、凍結道路や雪道は見えないところに潜んでいる。そして、嫌でもその道を走らざるをえないのが、冬のクルマ旅だ。

「凍結道路と雪道の走り方」で、ドライバーがいちばん知りたいのは、「どうしたらスリップしないのか」・「どうすればスタックせずに済むか」ということよりも、「してしまった時に、どうすれば良いか」、つまりこの写真のような事態を招かないための方策だと思う。

自動車学校を卒業しているドライバーなら、凍結道路でなくても、安全な路上運転のためには、急ブレーキや急ハンドルを避け、十分な車間距離をとって走ることくらいは心得ている。

ゆえにここでは、その「いちばん知りたい話」、そう「ピンチからの脱出術」について詳しく説明していこう。

その前に、まずは装備から。

<Next Contents>

スタッドレスタイヤが「絶対不可欠」という理由

凍結道路と雪道の走り方 記事一覧

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする