パークゴルフは、夫婦で楽しめる中高年向きのレジャー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道を旅したことがある人はよくご存知だと思うが、パークゴルフは1983年に、「公園で幅広い年代の人ができるスポーツ」として、北海道十勝支庁幕別町で考案された。

そのためコースは圧倒的に北海道に集中しており、30年経った今でも本州ではほとんどその名を聞くことはない。つまり、大半の人にとってパークゴルフは、「北海道旅の途中に楽しむスポーツ」になっている。

日本には様々なゴルフがあるが、パークゴルフは1本のクラブしか使わないものの、ティーグランドからフェアウェイ、ラフ、バンカー、そして本当のゴルフさながらにピンの用意されたグリーンに向けてショットを放ち、最後はカップに入れてホールアウトする。

ちなみにスコアはハーフがパー33。パー3のショートホールが多いものの、9ホールの中にはパー5のロングホールもあって、かなりの点で本当のゴルフに近いものがあるといえる。

パークゴルフの良さは、全くゴルフ経験のない女性でも、数ラウンドこなせば、それなりに楽しめる点にある。裏返せば… 本当のゴルフで100が切れる程度に回れるのなら、容易にパープレイができるともいえる。

これまでは縁のなかったバーディー、イーグル、そして時にはホールインワンなんて言葉が飛び交うのだから、そりゃハマらない方がどうかしている(笑)。

しかし… 18ホールで60台というレベルでは、コンペじゃ予選も通らない。パークゴルフの「上手」とは、1ラウンドを50台、最低7アンダーで回れる人を指して呼ぶ。

ゴルフをする人なら分かると思うが、パー3は1つミスをすれば即ボギーに通じる。そのホール数が多いということは、それだけスコアメイキングは難しく、ハーフを20台のスコアに抑えるには、ショット・パットともにかなりの精度が必要だ。

ただ嬉しいのは、本当のゴルフと違って料金は驚くほど安い。有料でも500円程度のコースがほとんどで、北海道には無料のコースもたくさんある。道の駅に隣接するコースでは、食事や入浴との格安セット券があるところも多いので、その有無を最初に確認するといい。

加えて、予約がいらないため、いつでも手軽にラウンドできる点も旅行者向きといえるだろう。マイクラブを持参すれば、レンタルの有無を気にすることもない。特に筆者のようなレフティーは、買ってしまうほうが確実にプレイできると思う。

興味が湧いた方は、下のサイトを参照に。

日本パークゴルフ協会

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする