エンジンを切った状態で使える、ベバスト(Webasto)のFFヒーター

エンジンを切った状態で使えるベバスト(Webasto)ヒーターは、省エネと安全性を兼ね備えたドイツ生まれの製品で、日本RV協会による会員向けアンケートの、「ユーザーが好む装備類」ランキングで、3年連続第1位に選出されているスグレモノだ。

使ってみると、確かに経済的かつ効率的に車内を暖かくする性能は素晴らしく、ほとんどのキャンピングカーで使われているのも頷ける。筆者もFFヒーターを使用するようになってからは、ダウンシュラフを積み下ろして、少し厚手の毛布だけを使うようになった。

さて、FFとは「密閉式・強制給排気型」という日本の定義を記号化したものらしい。

その仕組みは、まずクルマの燃料タンクからポンプで送られてきた燃料と、車外から吸入した空気の混合ガスに、グロープラグで着火し、燃焼室で燃やして熱交換機を暖める。続いて、内蔵モーターで空気吸入ファンを回し、車内の空気を取り入れながら熱交換機で暖めて、再び車内に送り込む。

その際に完全燃焼した微量の排気ガスは車外に排出するが、アイドリング時に比べると、燃料消費量、CO2排出量とも約10分の1程度と省エネで、8時間使用しても燃料消費量は1リットルあまり… しかもガソリンでもディーゼルでも使えて、音もかなり静かだ。

さらにベバストはセンサーで吸入空気の温度を感知し、あらかじめダイヤルで設定している温度に達したところで、燃焼を自動的にストップする。

写真は「べバコン」と呼ばれるオプションのコントローラーで、これをつけると設定温度をデジタル表示で1度づつ調整できるほか、タイマー予約でオンオフができるようにもなる。

プラス4万円ほど高くはなるが、暑すぎたり寒かったりのない「正確な快適温度」が把握できるメリットは大きい。

<Next page>
冷蔵庫

「キャンピングカー入門」 インデックス・ページへ

キャンピングカーに関する記事の一覧

スポンサードリンク