中高年がクルマ旅で穴場の観光地を訪ねる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつでもどこででもインターネットが使えるこのご時世に、「穴場」と呼べる場所が未だにあるのかどうか… は、さておき(笑)、愛すべき中高年にとっての結論は以下のとおりである。

いちばん頼りになるのは、旅先の観光案内所 

まずは「穴場の観光地」をどうやって探すかだが、旅先の「観光案内所」には、その町の施設や景勝地の最新情報が集約され、それを盛り込んだ地図やパンフレット、さらにはイベントやお得なクーポン券などが置かれている。

最近は道の駅の中に観光案内所がある施設も増えてきた。とはいえ、今でも大半の観光案内所は鉄道駅に隣接しており、クルマ旅では寄り道になるケースがほとんどだ。

そのため、ついつい面倒になって、雑誌やインターネットに頼りがちになる人も多いと思う。しかし、そもそも中高年の、しかも車中泊の旅人相手の雑誌なんて、筆者が連載しているカーネル以外にはほとんど存在しない。答えは云うまでもなく「割に合わない」からである。

加えて、我々世代の旅人が書いたブログはSEO対策が未熟で、検索サイトの奥深くに沈められているため、そう簡単には見つからない。まして、探す側もネット検索の経験値が低いのだから「なおさら」だ。

しかし、いっぽうの観光案内所には「検索」では目に入ることのない多種多彩な情報に加え、スタッフから直接口コミで得られる話もある。

薄香

その筆頭としては、ドラマや映画のロケ地、あるいはゆかりの地が挙げられるだろう。ほかの観光スポットとの違いは、過去には有名な場所ではなかったところが、放送や封切りをきっかけに観光名所に化ける点。ゆえに古い観光ガイドには登場しない。

あなたへ 富永写真館

ただ嬉しいことに、最近はそれに合わせて新しく石碑や紹介パネルを立て、訪問客にわかりやすくしたり、周辺に残るゆかりの地の散策マップを配布する自治体が増えてきた。

問題は、その情報を得た「穴場の観光地」にどうやって辿り着くかだ。新しいほどカーナビには出ていないし、土地勘がないところでは道を聞いても分からない。

実はそこに行き着くために、中高年はインターネットを活用するといい。

今はスマホかタブレットが徒歩ナビになる超便利な時代。筆者はあいも変わらずカーナビ派だが(笑)、歩きで目的地を目指す時には、多少不慣れでもスマートフォンが手放せない。

また写真撮影スポットのようにマニアックな穴場を探したい場合は、やはりインターネット検索が効果的だ。たとえば、「紅葉写真 ○○町」のように検索すれば、該当するページが少ないため、地元の写真愛好家のみが知るローカルな寺社仏閣や渓谷を紹介するウェブページが見つかることも多い。

だが… 中高年でも特に”アラウンド60”になると、スマホ独特のキーボードが苦手で使いたくないという人も少なくない。しかし、それは筆者も同じで、実はほとんど使ってなどいない。

今どきのジージとバーバは、スマホにお口で指示をする(笑)。息子たちのように、両手でモニターをパチャパチャするのは逆に「時代遅れ」で、スマホの音声入力がオバカだった時代の名残だ(笑)。

今どきのスマホは、囁くように語りかけてもほぼ確実に聞き分けるだけの性能を有する正真正銘のスマート(お利口な)フォン。だからこそ使い方も違う。

労力は「○○への行き方は?」だけでいい(笑)。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする