車中泊でカップ麺のスープをスマートに捨てる方法

車中泊時に食べるインスタント食品といえば、やはりカップ麺がポピュラーだろう。カップ麺に使うお湯を沸かす程度なら、換気扇のないクルマの中でカセットガスコンロを使用しても、まず死に至ることはない。

車内

問題は食べた後のスープの扱いだ。筆者世代のオヤジは「飲み干してしまう」という健康面ではあまリお勧めできない解決策を選ぶかもしれないが、子供や女性はあまりマネをしないほうがいい(笑)。

ベストな方策は、捨てられる場所まで「持ち歩く」ことだ。

シリコン漏斗

そのために便利なものを、家内が100円ショップで見つけてきた。写真はシリコン製の小さく折りたためるジョーゴだ。

100均のジョーゴ

これを使って、残りのスープを空にしたペットボトルに移し替えれば、匂いの心配もなく、廃棄できる場所まで保管しておける。ここまでコンパクトな漏斗があるなら、クルマ旅に持参しても邪魔にはなるまい。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする