ブランケットとカーテンで、車中泊ライフに潤いを

道の駅やサービスエリアで車中泊をしているクルマというのは、本人の意志に関わらず「目立っている」。

特にバックドアやスライドドアを開けている時ほど一般人の注目を集めやすく、我々の車内は通行人からきっと様々な査定を受けているに違いない(笑)。

だが、家と同じで、長きにわたって同じ空間にいれば、誰でも汚れや乱れに無頓着になり、無意識のうちにモノが取りやすかったり、寝転びやすいレイアウトに変貌していくものだ。

他人の目が気にならなくなれば、もう旅行者ではなく立派な「車上生活者」。大阪城公園でも違和感なく生きていけるに違いない(笑)。

クルマにも「メイク」が必要

そうならないためには、車中泊している車内を内外からスッキリ見せるテクニックが必要だ。

そのヒントは化粧品のファンデーションにある。メイクにトンと縁のない旦那衆のために説明すると、ファンデーションとは、顔の小じわ・シミ・色ムラなどを覆い隠すことによって、肌の色を均一に整えるものだ。すなわち、インテリアはその次の話になる。

ミニバンやワンボックスカーの場合、キーになるアイテムはブランケットだろう。フルフラットにした後部座席に季節感のある小奇麗なクロスを敷くだけで、驚くほど室内は広く感じられ、見栄えも良くなる。

また、ブランケットはシートを汚れから守る役割も果たしてくれる。特にバンコン・キャンピングカーは乗降口に近いところほど汚れやすく、ファブリックのまま使い続ければ、明らかに黒ずんでしまうのでご用心を。

次はカーテンだ。もし乗っているクルマに運転性・助手席と2列目以降を仕切るカーテンがついていたら、それを替えるだけでもイメージは変わる。

カーテンは車外から中のプライバシーを守るだけでなく、居住空間のマンネリ解消にも役立つはずだ。長年の使用で黄ばんだりくすんだりしたカーテンから、清潔感は生まれない。

季節に応じた衣替えは、クルマへの愛着と次の旅への意欲を、きっと高めてくれることだろう。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする