キャンプ料理に最適。 朴葉味噌焼き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朴葉味噌焼きは飛騨高山地方の郷土料理で、元は甘めの味噌に薬味と山菜やキノコをからめ、朴葉(ほうば)の上で焼いた素朴なご飯のおかずだったそうだ。現在は旅館や食事処で出されるご当地料理として、飛騨牛などの高級食材を使用することが多い。

調理は焼くだけなので、材料さえ揃えればサイトでも簡単に作れる(笑)。

【主な具材】
●牛肉・鶏肉
●白ネギ・しいたけ・薬味ネギ
●焼き豆腐
など

焼きあがるとこういう感じ。云ってみれば和風BBQみたいなものだが、秘訣は朴葉を最初に水で濡らしておくこと。そうすると焦げにくい。

また味が濃いので、飽きてきたら生卵を落としてユッケ風にするといい。なお飲めない人には白飯を用意してあげよう。

ちなみに、朴葉と味噌のセットは、高山や飛騨地方の土産屋かスーパーで入手できる。奥飛騨温泉郷の場合は、Aコープもしくは福地温泉朝市(0578-86-2289 営業時間:6時30分~11時)に行けば売っている。特にAコープは飛騨牛が格安で手に入るのでお勧めだ。

PS

情緒には欠けるが(笑)、朴葉がなくても「朴葉味噌焼き風」焼肉はできる。朴葉の代用品は炭火のBBQグリルならアルミホイル、フライパンならクッキングペーパーでOK。味噌は、酒・みりん・砂糖を調合するといい。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする