大人のアウトドア料理 アヒージョ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アヒージョはオリーブオイルとニンニクで、キノコと魚介を煮込むスペイン料理のこと。とにもかくにも白ワインとの相性が抜群によく、どんどんグラスが空いていく(笑)。

しかも、スーパーや直売所で調達できる山海の素材と「オール・イン・スパイス」さえあれば、誰にでも簡単に「本場の味」が作れる。さすがに子供の舌にはどうかと思うが、大人だけで楽しむキャンプには、絶賛お勧めの一品だろう。

オール・イン・スパイスの「アヒージョの素」は、こんな感じでスーパーに並んでいる。

袋の中には、塩・ガーリックパウダー・オニオンパウダー・唐辛子パウダー・ローズマリーなどがミックスされている。しかも「2人前×2回分」で100円ほどとリーズナブルなのが嬉しい。今は数社から類似品が発売されているので、どれでも手に入るものがあればいい。

一例として、牡蠣のアヒージョのレシピをご紹介。

【材料】
むき牡蠣・マッシュルーム(エリンギ)・オリーブオイル・アヒージョの素、それにパンを添えると十分「ランチメニュー」になる。

【作り方】
1.水っぽくならないよう、むき牡蠣の水分をキッチンペーパーに吸わせる。
2.マッシュルームを適度に輪切りする。上の写真ではエリンギを使っているが、その場合は繊維に沿って縦斬りに。
3.鍋にオリーブオイルと「アヒージョの素」を入れてかき混ぜ、牡蠣とマッシュルームを入れて中火で煮込む。牡蠣がぷっくらしてきたら出来上がり。

PS

よくアヒージョのレシピにはムキエビが使われているが、筆者の経験では火の通り具合がわかりづらく、さほど美味いとも思えない。それよりもタコやベビーホタテのほうが相性はいいと思う。またキノコは断然マッシュルームがお勧めだ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする