これぞ漁師料理! 北海道・礼文島のソウルフード 「ホッケのちゃんちゃん焼き」

ホッケはアイナメの仲間で、北海道を主な産地とする冷水性の魚。成長にしたがって、アオボッケ、ロウソクボッケ、マボッケ、ネボッケと呼び名が変わる。

鮮度の低下が早いため、内地では開いた干物が一般的だが、道内のスーパーでは生のままでも売られている。

さて。「ちゃんちゃん焼き」といえば「鮭」を使うのが当たり前… のように云われているが、今日は礼文島で覚えたホッケのちゃんちゃん焼きを紹介しよう。

筆者が、このまことに美味なる酒の肴を食したのは、礼文島の美深フェリーターミナルにほど近い「居酒屋ちどり」である。そこに面白いメニューがあるというのを友人から聞かされ、暖簾をくぐった。

また礼文島には冷凍パックのお土産品もあり、通販でも買えるようだ。

スポンサードリンク

さて。ホッケのちゃんちゃん焼きは、御覧の通り、いかにも漁師料理らしく、背開きにしたホッケを、皮を皿代わりにして炭火で焼き、身から脂が染み出してきたら、味噌ダレと刻みネギをのせて、焼けてきたところから混ぜて食べる。

実にシンプルだが、驚くほど酒には合う「大人のグルメ」だ。

作り方はいたって簡単。筆者はキャンプでも、火の調整が容易なカセットガスのグリルを使うことが多い。

<材料>
生ホッケの背開き
味噌
みりん

砂糖
刻みネギ

※味噌ダレの調合は、混ぜ合わせながら好みに合わせて適当に。ただし、多めに作らないと足りなくなる。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする