ワンランク上の車中泊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプが嫌だから車中泊をしている。

虫が嫌い、設営・撤収が面倒くさい等々、理由はともあれ、車中泊旅行者の中にはそういう人もいる。だが、それはそれでかまわない。

なぜなら、筆者の云う車中泊は「外食か車内でお弁当やパンなどの調理済み食品を食べて、クルマで寝る」ことだからだ。

裏返せば、だから道の駅やNEXCOは容認している。

それまで否定すればトラックのドライバーたちが黙っていない。平たく云えば、車中泊の旅人が道の駅とうまく付き合うには、「この一線」を超えなければいいのだ。

だが、トラックのドライバーと違って、旅人には「時間のゆとり」がある。

では、車中泊の旅人たちはそこでどうしているのか?
せっかくなので、ここでそのポピュラーな過ごし方を列記しよう。

■寝る前まで温泉や道の駅の休憩室などを利用する。

■車内でテレビやビデオを見る。

■早々と床につき、翌朝早く出発する。

なんともベタな話だが、これが一般的な車中泊の夜だ。

言うまでもないことだが(笑)、「ワンランク上の車中泊」とは、もっと素敵な夜が過ごせる車中泊を意味している。

筆者が思う「ワンランク上の車中泊」は、「自由度の高さ」に起因する。

景色の良い場所が選べ、自分の駐車区画以上のスペースが利用でき、さらに車外で調理をすることができる。

これらは道の駅やサービスエリアでは「ご法度」とされていることだが、それができる車中泊スポットがオートキャンプ場なのだ。

我々「三丁目の夕日」世代は、バブル崩壊後に日本を席巻した空前のオートキャンプブームを子育ての時期に経験している。そのため、キャンプに対する抵抗感は上の世代よりも遥かに薄い。

だが、その多くの経験は写真のような「高規格オートキャンプ場」が舞台であったため、価格の面で車中泊には適さないと思い込んでいる人も多い。

しかし地方には、今でも湖畔や河川敷、あるいは海水浴場に、トイレと炊事棟しかないフリーサイトが残されている。料金は高くても1泊1000円程度で、予約どころかチェックイン・チェックアウトの時間指定もない。

もちろんキャンプ場なので、車外にイスとテーブルは出せるし、焚き火も可能である。

写真は北海道のソウルフード「スープカレー」。札幌市内では何軒ものレストランが趣向を凝らした名物カレーを提供しているが、ポピュラーな家庭料理でもあるので、スーパーに行けば専用のルーが簡単に手に入る。

この日は湖畔の特等席にシェルターを張って静かな晩餐を楽しんだが、寝たのはもちろんクルマの中。

車中泊はキャンプが連動してこそワンランクアップになるのである。

Final:カーネル流「車中泊マナー10ヶ条」 

 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする