「冬に車中泊を楽しむ本」 執筆エピソード

この本は、今年の春に信州車中泊コースガイドの取材をしている最中に電話でオファーを受け、雪が舞う白馬の八方尾根スキー場の駐車場で車中泊をしながら、構想を練った思い出深い作品だ。

白馬で車中泊

オファーは、「ウインターカーネル・冬の車中泊特集」をお願いしたいということだったが、それでは「車中泊の寒さ対策」になるだけで、これまで冬に車中泊をしてきた人には、新鮮さとインパクトに欠ける気がした。

既に「車中泊ブーム」と呼ばれて10年近くが経過し、「暑さ対策」も「寒さ対策」も、巷ではほぼ確立されている。しかもその断片的なアイデアや手法が、多くのブログで紹介されているのも周知の事実だ。

そんな話をこれから1600円もする本にして売り出そうというのだから、ギュ~ッとアタマを捻る必要があるのは当然である(笑)。

冬の車中泊の危険

近頃は特にそう思うのだが、「車中泊」という言葉を先行させると、ややもすると「模範的ハウツー・コンテンツ」になり、「これをやってはいけない」「それは危険だ」という話になりやすい。

例えば冬なら、上の写真のように雪の中でエンジンをかけたまま車中泊をすると、排気ガスが車内に逆流して一酸化炭素中毒になる可能性があるから危険だ。やめよう! というように…(笑)。

前向きの楽しそうな話がなく、そういう後ろ向きの話ばかりが続くと、だんだん読む気が失せていくのは筆者だけはあるまい。我々が世に出そうとしているのは「教科書」ではないはずだ。

白川郷ライトアップ

そもそも車中泊は「手段」である。

つまりそれを語る前に、今年こそは絶対に白川郷のライトアップが見たい!というような「目的」があって然るべきだ。またフィールドがアウトドアだけに、危険がつきまとうのは当然ともいえる。

幼い子供が、転んで痛みとともに何が危険かを学んでいくことを思えば、たとえ車中泊の入門者であっても、この本を手にしてくれたお客様の「不安だけれどやってみたい!」という好奇心に、バチン!と一発点火できるかどうかが、この本の生命線。つまり中身は入門書ではなく、中上級者向きの方がいい… 一晩雪の中で考え、そう腹をくくった。

冬に車中泊を楽しむ本 インデックス

筆者が出した結論は、「冬を楽しむ車中泊」である。
この本は7月に発売された信州車中泊コースガイドと同じく、まずは巻頭にリアリティーあふれるコンテンツを写真とともに掲載し、先へ先へと進みたくなる構成になっている。

20151209上高地スノートレックキング

Contents1 絶景を訪ねる!
ダイジェスト
富士山・伊豆半島・琵琶湖
実戦。冬の車中泊旅❶ 
世界遺産・白川郷のライトアップを観にいこう

Contents2 雪と親しむ!
ダイジェスト
ゲレンデ車中泊・雪中キャンプ
実戦。冬の車中泊旅❷ 
憧れの上高地・スノートレックング

Contents3 「旬」を食す!
ダイジェスト
丹後と但馬・下関
実戦。冬の車中泊旅❸ 
「きっときと」の富山湾岸グルメ旅

Contents4 温泉館でほっこりする!
ダイジェスト
道後温泉・上諏訪温泉
実戦。冬の車中泊旅❹ 
草津温泉で「湯治気分」に浸る

Contents5 越年の旅に出る!
ダイジェスト
フェリーで九州へ
実戦。冬の車中泊旅❺
車中泊で行く、お伊勢参り

このうちのどれかひとつでも興味を引くものがあれば、ぜひこの先の話も読んでいただきたい。

車中泊スポットガイド

上記に登場する車中泊スポットについては、いつも通り、モノクロページの後半に「詳細ページ」を設けて連動している。車中泊コースガイドでもこのコーナーを評価してくださる読者は多いのだが、実際に車中泊スポットをきちんとレポートするのはけっこう骨が折れる仕事で、筆者の取材時間の半分近くがそのことに費やされている。

ナイスビューパーク

たとえば、見どころとグルメに恵まれた山口県の関門海峡周辺には道の駅がない。しかし実際に現地に足を運び、そこで車中泊をするくらい時間をかけて調べれば、このような素晴らしい車中泊環境に出会えることもある。

この本には車中泊スポット周辺の入浴施設やスーパー、さらに見つかればコインランドリーまで紹介しているが、写真の1枚もなく、ネットから適当に拾い集めてきたような情報集とは、リアリティーが違う。

諏訪市湖畔公園

ただ残念なことに… 苦労して見つけ出してきた車中泊の好適地を、軽率な振る舞いで禁止に追いやってしまう非常識な読者がいる。

写真の長野県にある諏訪市湖畔公園は、上諏訪温泉の片倉館に近く、夜は静かで風光明媚な無料の車中泊スポットだったが、この夏に1周間近く居座った挙句に洗濯物を干して、近隣住民から通報された不届き者のせいで、「車中泊禁止」になってしまった。

もちろん、こういう事例は北海道の洞爺湖温泉でもあったし、車中泊コースガイドを出して以降、何度も耳にしている。しかし、現在はそれを防ぐ特効薬がないのが実情だ。

20151209ローソン

ただこれだけはいえるだろう。
コンビニやスーパーは、たとえA高校の生徒が万引きで捕まったからといって、A高校の生徒の出入りを禁止したりはしない。同じ制服を着ていても、きちんと「犯罪者」と「お客様」を区別し、正当に接している。

では、我々はどうなんだ。
マナーを守って車中泊をしていても、キャンピングカーというだけで先ほどの不届き者と同じ扱いを受けている。それは区別ではなく「差別」だろう。

この誤解を全国各地の施設管理者に理解してもらえるよう計らうべきは、車中泊というマーケットがなければ困る、キャンピングカーディーラーやグッズメーカー、そしてそのコンテンツを扱うマスコミ各社だ。

筆者とカーネル事業部のスタッフだけがいくら努力しても、まず期待には応えるまでには至らない。国や県と協議をするには、ナショナルセンターとも呼ぶべき、正当なる「車中泊協会」のような組織が必要なのだ。

というわけで、こちらにクレームをいわれても筆者は感知しない(笑)。そんな次元のお話じゃないということだ。

さて。話を元に戻そう。

冬の車中泊の基本

巻頭特集から先は、14ページにわたって「冬の車中泊の基本」の話を展開しているが、ここでは「冷え込み」・「凍結」・「積雪」対策に大きくページを割き、実戦で困らないよう詳しく解説している。

20151209獺祭

さらにモノクロページには「この冬からでも車中泊は始められる」と題した本格的な車中泊のハウツーを29ページにわたって掲載している。A4サイズのカーネルで都合43ページというのは、B6サイズの書籍1冊分に匹敵するボリュームである。それを考えれば、いかに中身が濃いかがわかるはずだ。

そして… 最後の「切り札」がこちら。

凍結道路の走り方

冬の車中泊の経験と、雪道&凍結道路の走行経験はリンクしない。いくら経験があるといっても、雪のない場所での冬の車中泊は、ゲレンデのような場所とは比較にならないほど容易なものだ。ベテランといえども、東京や大阪のような太平洋側の都市部に住む人間にとって、冬の車中泊でもっとも怖いのは、雪道と凍結道路を走ることだろう。

オートソック

このコンテンツは10ページだが、白馬で北海道のバス運転手をしている友人に実地教習を受けながら学んだ「プロの技」を基本に、最後は同じく友人でキャンピングカーに乗る筆者世代の現役・損保セールスマンにレクチャーを受けた、「愛車をぶつけた時の万が一の備え」にまで言及している。その意味では、今回は本当に多くの「ブレーン」の協力を仰いでいる。自分で云うのも何だが、ここまで徹底的に「冬のクルマ旅の厳しさ」を想定して書かれた車中泊本は、たぶんもう出てこないと思う。

20151209事故

実地講習中に見た脱輪現場。いつこちらがそうなっても、まったくおかしくない状況だった。雪道・凍結道路にはくれぐれもご用心を…

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする