車中泊のクルマ旅に最適なクッカーは、THERMOS(サーモス) 真空保温調理器 「シャトルシェフ」

シャトルシェフは加熱調理した内鍋を、魔法びんと同じ真空断熱構造の外鍋に入れて保温調理することにより、時間とエネルギーを大幅に節約できる、まさに車中泊のクルマ旅に最適なクッカーである。

おでん

筆者がこの鍋で1番多く作ってきたのは「おでん」。例えば金曜の夜から出かける時は、出発前に煮込んでおけば2時間程度ならほとんど冷めずにアツアツのままで食べられる。

車中泊

つまりサービスエリアに到着後、即晩酌ができるわけだ(笑)。

「おでん」の良いところは、余っても翌日またそのまま食べることができること。釣りやバードウォッチングのように、決まった時間に食事ができない遊びでは特に重宝するメニューである。

炊飯

また、シャトルシェフは炊飯も得意で、保温効力は6時間64℃以上を誇る。

温度計

そのため、電源設備のないキャンプ場やサブバッテリーのない未改造車でも、朝と昼、もしくは昼と夜に暖かいご飯を食べることができる。これは他には真似のできない、シャトルシェフならではの機能だろう。ちなみに鍋の温度は外鍋の温度計に表示される。

うに丼

ご飯が炊ければ、ウニ丼や海鮮丼、あるいは手巻き寿司といった豪華メニューが簡単に作れる。

シチュー

もちろんシャトルシェフがあれば、レトルトではなく本格的なシチューやカレーをフィールドで食べることも可能だ。

なお、シャトルシェフはデザインのマイナーチェンジが多いアイテムだが、機能は変わらない。クルマ旅で使う場合の容量は、2人~3人でちょうど良く、さほどかさばらない2.6リットルがお勧めだろう。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする