世界最小、最軽量、最コンパクト 「ザ・スノーピーク」と呼べる、ギガパワーストーブ「地」

発売から17年。見た目には、ほとんどどこも変わらないこのストーブは、スノーピークが世界に誇る定番の中の定番。まさに開発当初のクオリティーの高さを物語るアイテムだ。

まさに手のひらサイズ。
男心をくすぐるってのはこういうものかもしれない。

アマゴ

さて。もともと筆者がこのストーブを買ったのは、渓流釣りに持参するためだった。筆者のホームリバーは奈良県の天川。大台ケ原に端を発するこの川は、上高地の梓川や高知の仁淀川に匹敵する透明度を誇っている。

川

そのかわり、付近にはコンビニすらなく、食事は自前で用意するしかない。解禁当初の天川は春というより冬に近く、スープのような温かいモノが欲しくなる。

北アルプス

それから山を少しやるようになり、このストーブは北アルプスでの出番が増えた。ストーブに固定できる専用のウインドスクリーンがあるのは、実に便利で実際に有効だ。

上高地

火力は2500kcal。今時の製品に比べると少し地味かもしれないが(笑)、ガスを使い分ければ冬でも十分な火力が得られる。山だけでなく、スノートレッキングやハイキングを楽しみたいアクティブ派なら、ひとつは持っておきたいお勧めのストーブといえるだろう。

車中泊

フレンディーの時代は車中泊でも使ってきた。
この程度の使用で、命を落とすことはないと思う(笑)。

風防も一緒に。アウトドアで使うには必需品だ。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする