Auto-Packerの真髄

クルマ旅で、
「食う・寝る・遊ぶ」を実現する

「食う・寝る・遊ぶ」。

はて、どこかで聞いたようなセリフだな… そう感じた人は記憶力がいい。 

これは1989年に発売された初代日産セフィーロのキャッチコピーだが、いかにもバブル時代のクルマらしく、当時のセフィーロにはそんな「実力」はカケラもなかった(笑)。

だがオートパッカーは、自由奔放にクルマ旅で「食う・寝る・遊ぶ」が実現できる「本物」だ。それが分かる旅の様子を紹介しよう。

北海道を自由奔放にクルマで旅する「切り札」がオートパッカーだ。広大な北の大地では、オートパッカーはどちらかといえばライダーに近いスタイルになる。ツアーでは対象外の「一本道」や「峠」、時には「廃線跡」を目指して進むこともしばしばだ。

北海道は、本州のようにどこにでもコンビニや食事処があるわけではなく、とっておきの大自然をこころゆくまで楽しむには、いつでもどこでも食事が可能な自炊を取り入れるほうがいい。

そのうえ、北海道には手料理で作れるソウルフードがたくさんある。ジンギスカンや鉄砲汁はもちろん、今は豚丼のタレやスープカレーの素までスーパーに行けば揃っている。

北海道まで来て、ありきたりの焼き肉や鍋をつつくのはもったいない。

礼文島・香深フェリーターミナルの無料駐車場。高いお金を払わなくても、オーシャンビューが味わえる「一等地」はたくさんある。

ちなみにこれらの実体験から、その見どころや車中泊スポットを紹介しているのが、「ニッポン見聞録」という情報サイト。時間があれば、ひとつサンプル代わりに以下の記事をご覧いただきたい。

タウシュベツ川橋梁 マイカー・アクセスガイド/北海道  東大雪・糠平湖 

スポンサードリンク

我々夫婦は、登山を趣味する人達に比べると経験も情熱もまったく稚拙なのだが、せめて一生に一座くらいは、深田久弥氏が紹介している「日本百名山」に登ってみたい…槍ヶ岳はそんな想いでチャレンジした山だった。

上高地からのルートは、距離は短いが急峻だと聞いていたので、無理をせずにまずは沢渡で一晩車中泊して、翌朝バックパックで上高地から徳沢まで進んでベースキャンプを張った。既にここまでで2泊。たぶん登山愛好家から見れば、かなりゆっくりしたペースだと思う。

翌朝は、そこから槍ヶ岳まで登って、標高3000メートル地点に建つ「槍ヶ岳山荘」に泊まった。それにしても、ここにテントを張れる猛者は本当に逞しく素晴らしい。

帰りは再び徳沢に泊まり、翌朝テントを片付けて山を降りた。シャトルバスで沢渡に戻り、今度は奥飛騨温泉郷の平湯に出て温泉で疲れを癒やす。夕方はすぐ近くの平湯キャンプ場にテーブルを広げ、郷土料理で精をつけた。述べ5日のアウトドア旅行だが、これなら小学生高学年は軽くついてこれるに違いない。小学生の槍ヶ岳覇者、考えただけでワクワクする(笑)。

車中泊+テントキャンプ+山小屋+オートキャンプ。ある意味では、オールラウンドプレーヤーだけが味わえる槍ヶ岳登山の方法かもしれない。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする