理想のクルマ旅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

好奇心と多趣味が、長旅を可能にしてくれる

クルマ旅には、大きく2つの楽しみ方がある。

ひとつは明確なテーマを持って日本各地を訪ねる方法で、名湯、名酒、名城、あるいはネイチャー志向なら、名山、名瀑、桜に紅葉…。さらに今は道の駅といったものまで含めて、どれもみな巷では「ナンチャラ巡り」と呼ばれている。

ただし、マニアは趣味のためだけに現地を訪ねる。

目的地と車中泊地以外には、せいぜい食事をする場所と日帰り温泉が分かればいいのだ。それでは高い高速代とガソリン代をかけているにもかかわらず、まるで多忙なビジネスマンの出張と変わらない(笑)。

この話は、スーパーやコンビニの弁当に例えたほうがよく分かる。

例えば、唐揚げは地域よって使う鶏や揚げ方に個性がある。

有名なのは大分県中津の唐揚げ、宮崎県のチキン南蛮、さらには北海道釧路地方のザンギだが、マニアにとっては何よりもその唐揚げが大事だ。ゆえにご飯と味噌汁にはこだわらないし、それ以外のおかずには無頓着である。

これを山に置き換えると、唐揚げが名峰、ご飯は周辺の食堂、そして味噌汁は日帰り温泉で、その他のおかずは、寺社仏閣や観光地になる。

実に分かりやすい構図だとは思わないか(笑)。

筆者が思い描く「理想のクルマ旅」は、その土地の様々な食材と料理が少しづつ詰め込まれた「幕の内弁当」に近いイメージだ。もちろんその中には、上記の「唐揚げ」のような「こだわりのおかず」も含まれている。

とどのつまり… 旅というのは「土地」を訪ねることにほかならない。

その「土地」が有する魅力を意識しないのなら、それは「旅」ではなく「用事」だ。

例えば、中津には黒田官兵衛が築城した城が今も残っているし、宮崎には鬼の洗濯岩や青島神社が、そして釧路に至っては世界的にも有名な大湿原が残されている。

筆者は全国各地のクルマ旅のガイドブックを書いているが、それは読者に最高の「ご当地・幕の内弁当」を提供する仕事とよく似ている。

ゆえにコンテンツになる「観光地」や「名物」を何年にもわたって調べ、訪ねまわった結果、いつのまにか歴史や特産物にまで精通するようになった。

SLの写真も載せているが、もちろん筆者は「鉄ちゃん」ではない。それでも今は、このくらいリアルな絵が撮れる場所を見つけられる(笑)。

ツアーが組まれ、多くのガイドブックに紹介される観光地には、前述した「幕の内弁当」にできるコンテンツが多く揃っている。世俗的だからと云って、そういう場所を否定してしまえば「旅行力」は向上しない。

まして「日本縦断」「日本一周」といった長旅を望むのなら、好奇心と多趣味は必須といっても過言ではない。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする