テーブルBBQグリルのベストセラー ユニセラTG

数ある卓上BBQグリルの中でも、その「草分け」と呼べる時代からベストセラーにランキングされ続けているのがユニセラTGだ。筆者は既に2台目を使用しているが、いずれも全てのセラミックの裏側に石綿がはめられていた初期モデルである。

焼き鳥

写真のように、木製テーブルの上でも平気で使えるユニセラは、他社のテーブルBBQグリルとは一線を画する断熱性を誇っている。

特に初期モデルはその感が強かったのだが、反面、石綿は水に濡れると乾きにくく、実質的に水洗いが不可能だった。筆者もそれを知らずに洗ってしまい、結果買い替えをする羽目になったひとりだ。

しかし、現行モデルは断熱材の代わりにステンレスのバネが使われ、水洗いが可能になっている。

↓売り切れゴメンのOEM製品。正規品より1000円以上安いので欲しい人には朗報です。

こちらが正規品。

炭

さて。良きにつけ悪しきにつけ… ユニセラはほとんど炭を使わないで済む。それは後片付けにおいてはありがたいのだが、北海道を長期で周る際には、いつまでも「炭を持ち歩かなければならない」というデメリットにもなる(笑)。

夫婦だとダイソーで手に入る小箱の炭でも余るのだから、ある意味ではオーバースペックといえるかもしれない。

ブリかま

もうひとつの難点は焼き網だ。当たり前といえばそうなのだろうが、ユニセラのサイズにジャストフットする100均やホームセンターの網はない。そのため、使用後はできるだけ早く洗剤で油汚れを落として清潔感を保たなければ、あっという間に「焼き肉を食べる気がしない網」になってしまう(笑)。

専用の網は別売で入手できるが、交換のタイミングは個人の潔癖性と懐具合によるだろう。ちなみに値段は2000円なり。

ユニセラ

ただし、焼き網の問題はどのBBQグリルにもつきまとう話で、筆者のように割りきって考えられれば、ユニセラはやっぱり便利な代物だと思う。使用後にもっとたやすくピカピカにできたら最高なのにな。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする