ユニフレームとスノーピークの焚き火台 実使用比較

筆者がキャンプを始めた頃、まだこの世には「焚き火台」というものが存在していなかった。つまり、焚き火は直火、キャンプ場はそれができる場所というのが当たり前だった。

だが、そうこうするうちに、芝生張りの区画サイトがずらりと並ぶ「高規格オートキャンプ場」が次々に誕生し、焚き火は専用器具を使って楽しむことが常識に変わった。

花火

現在、筆者が持っている焚き火台は4つあるが、ユニフレームのファイアグリルは、主にダッチオーブンのファイアピットととして使っており、今はそれで焚き火をすることはない。

ファイヤーグリル

ファイアグリルは、スノーピークの焚き火台に比べるとリーズナブルで、焼き網も最初からついているため、そのままBBQグリルとしても使える。

多少かさばるとはいえ、コスパは高く、他にもあれこれキャンピングギアを揃えなければならないビギナーにはお勧めだ。筆者も最初はこれを使っていた。なお、パンチングのロストルは一度使うと簡単に歪んでしまうが、その後も使用上の支障は特にない。

ユニフレームW

筆者が愛用しているのは、このファイアグリル・ラージ。あっという間に生産終了になった製品だが(笑)、薪ストーブ以外にダッチオーブンが2台置けるのはこれだけなので、料理シーンの撮影をする際には重宝している。

焚き火台S

いっぽう、こちらはスノーピークの焚き火台S。コンパクトにたためるファイアピットととして購入し、ボンゴ・フレンディーの時は、これを北海道にも持参していた。安定感は抜群で、ファイアグリルよりも圧倒的に扱いやすい。

スノーピークS

ただ、焚き火をするには、さすがに小さい。

かつおのたたき

現在のエースは、同じスノーピークの焚き火台Mだ。

スノーピーク 焚き火台M

ほどほどに大きな薪も乗せられ、使い勝手もいい。

炭床

さらに別売の炭床とホームセンターで手に入る焼き網を揃えれば、BBQグリルとしても使える。

焼き牡蠣

値段はファイアグリルの2倍近くするが、それだけ長持ちするので、減価償却的見地に立てばどちらもさほど変わらない。とすると、よりコンパクトになるスノーピークの焚き火台のほうがいいという結論に至った。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする