キャンピングカーの二人旅に適した、1.5合炊き炊飯器

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サブバッテリーが使えるキャンピングカーで旅をする人の多くは、炊飯器でご飯を炊いていると思うが、ひとりもしくは夫婦旅なら、3合炊きは大きすぎるし、保温で貴重な電気を消費するのはちょっともったいない。

ホットランチ

そこでお勧めなのが、1.5合炊きの炊飯器だ。
筆者が最初に手に入れた
写真の「ホットランチ」は、元々車載用ではなくサラリーマンやOLがオフィスで昼食時に使うことを目的に開発された炊飯器で、炊飯時の熱でおかずを温められるようになっていた。

スペック

消費電力は230Wと炊飯器にしてはかなりの省エネ、ちなみに「10分でご飯が炊ける炊飯器」は、この3倍以上の800Wを消費する。

朝食

そのうえ1合なら、ちょうど食べきりにできるため保温する必要もない。唯一の難点は1.5合炊くと、吹きこぼれすることだった。

そのせいか、紹介しようと思ったら既に「生産終了」になっていた(笑)。

こちらは現在使用している炊飯器。ホットランチに比べるとスマートで使いやすさも上々だ。

現在は旅先で丼や手巻きが食べたい時に重宝している。温泉に行く前に炊飯スイッチを押しておけば、待ち時間無しで夕飯にありつける。

ちなみにこちらはDC12Vで使える炊飯器。これならサブバッテリーがなくても使うことができる。

記事の一覧はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする